So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間合意文書で岡田外相とルース大使会談(産経新聞)

 岡田克也外相は22日午前、外務省でルース駐日米大使と会談した。両政府が5月末に発表を目指している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる合意文書の文案について詰めの協議を行ったものとみられる。

 一方、日米両政府の外務、防衛当局の実務者は同日、外務省で審議官級実務者協議を行った。実務者協議のメンバーは岡田外相とルース大使の会談にも同席し、普天間問題の大枠合意に向け調整を続けた。

【関連記事】
普天間問題「困難で複雑」 米国務省
米国務長官来日 抑止力強化は待ったなし
辺野古区行政委、条件付きで容認決議
普天間で冷淡対応 米国務長官滞在わずか3時間
普天間問題 福島党首「閣議了解サインせず」
中国が優等生路線に?

悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議(産経新聞)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
エン・ジャパン情報流出を謝罪 新卒採用システムが丸見え(J-CASTニュース)
板橋の資産家夫婦殺害1年 絞り込めぬ犯人像(産経新聞)
37歳経営者を逮捕=渋谷でバカラ賭博の疑い―警視庁(時事通信)

小掛照二氏が死去=三段跳びの元世界記録保持者(時事通信)

 陸上男子三段跳びの元世界記録保持者で日本オリンピック委員会(JOC)副会長、日本陸上競技連盟副会長などを歴任した小掛照二(こがけ・てるじ)氏が9日夜、東京都内の病院で死去した。77歳だった。死因は肝不全とみられる。広島県出身。告別式は未定。
 広島・上下高から早大を経て大昭和製紙に入社し、1956年に日本陸上選手権の三段跳びで16メートル48の世界新記録(当時)を樹立した。同年のメルボルン五輪で金メダルの期待が掛かったが、練習で足首を痛めたこともあり、15メートル64の8位にとどまった。
 60年ローマ五輪代表を逃し、現役引退。郷里の大先輩、織田幹雄氏に誘われて指導者の道を歩み、62年に日本陸連強化コーチ。83年にJOC常任委員に就任し、89年からは理事としてJOCの独立に尽力。93年のユニバーシアード、98年と2002年のアジア大会で日本選手団長を務めた。 

パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
<鈴木宗男氏>北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
創新党が参院選1次公認6人発表 中田氏は比例(産経新聞)
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)(医療介護CBニュース)
谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)

ギョーザ中毒事件 犯行の手口、初めて判明 日本側の証拠と合致(産経新聞)

 ■容疑者「梱包の外から注射

 有機リン系の農薬「メタミドホス」による中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、危険物質混入容疑で逮捕された「天洋食品」元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)が中国公安省に「(農薬は)冷凍ギョーザが梱包(こんぽう)された段ボール箱の外から、注射して混入した」と供述していることが29日、日本の警察関係者への取材で分かった。日本側の捜査結果と合致するため、警察庁などでは供述の信憑(しんぴょう)性は極めて高いとみている。犯行の具体的手口が明らかになったのは初めて。

  [フォト]中国製食品「とにかく怖い」 出荷が停止された冷凍ギョーザ

 供述内容は今月21、22の両日開かれた情報交換会議で、中国側から警察庁に伝えられた。

 警察関係者によると、呂容疑者は中国公安省の調べに、「(天洋食品の)工場の冷凍庫に侵入し、袋入りの冷凍ギョーザが梱包された段ボール箱の外から、注射器を横向きにして針を刺して注入した」と供述。注入量については「(3日間にわけて)3回やった。(1回あたり)20ccほどだったと思う」と説明した。

 平成20年1月に兵庫県で中毒を起こしたギョーザと同じ製造月日で、大阪府枚方市のスーパーにいったん配送され、「袋がべたべたする」として回収された未開封ギョーザ6袋については、袋の表面からメタミドホスが検出されている。

 このうち1つの袋だけが、表と裏に注射針の貫通したとみられる直径約1ミリの穴が開いていたことが明らかになっている。6袋は、同じ段ボール箱に入れられて日本に輸出され、店舗に配送されていた。

 中国当局が押収した注射針の長さや、梱包用段ボールの厚さを検証した中国側の捜査結果を踏まえ、段ボール箱の中に、立てて並べられた冷凍ギョーザのパッケージは、段ボールの横から刺した注射針が1袋目までは達する位置にあったことが、警察当局の捜査でも判明。呂容疑者の供述と犯行状況とは矛盾しない、との見方が強まった。

 このため警察庁では、枚方市のケースについて、パッケージを貫通した針先から農薬が段ボール箱の中に広がり、他の5袋の外側にも付着した疑いがあるとみている。ただ、千葉県で中毒を起こした冷凍ギョーザの袋からは穴が見つかっていない。開封時に破いた部分に穴があった可能性もあるが、警察庁は混入経路の全容解明のため、5月中に幹部らを中国に派遣し、さらに情報交換を進める。

【関連:ギョーザ中毒事件】
「おれがやった」で特定 自宅で妻にうっかり漏らす
ギョーザ事件 急転直下の容疑者逮捕でも依然残るナゾ
ギョーザ中毒事件日中会議 「日本国内の事件、中国で起訴目指す」
容疑者の父「日本の皆さまにおわび」
中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める

<訃報>中野友雄さん94歳=元北海道経済連合会会長(毎日新聞)
<福岡切断遺体>腕時計換金の男に逮捕状 別の窃盗容疑で(毎日新聞)
<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)
シャッター販売カルテル、4社に課徴金50億円(読売新聞)
「普天間」最終案、米国の同意優先…地元反発(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。